経済経済keizai

  • 印刷

 JR姫路駅直結の商業施設ピオレ姫路(兵庫県姫路市)に、低価格衣料品店「H&M」が3月24日開店する。同店は郊外型ショッピングモールを中心に展開しており、駅施設の立地は珍しい。施設を運営するJR西日本子会社の神戸SC開発(神戸市東灘区)が16日発表した。

 H&Mは県内3店目で、ヤング館1階に入る。約1100平方メートルの売り場は同店標準の半分ほどだが、女性、男性、子ども向けの衣料品や装飾品の売れ筋をそろえる。幅広い客層に照準を合わせる同店の導入により、ピオレ姫路は播磨全域への商圏拡大を図る。

 併せて4月1日に施設名を改め、本館を「ピオレ1」、ヤング館を「ピオレ2」、ヤング館西側を「ピオレ3」とする。H&Mなどが入る「ヤング館」に、30代以上も呼び込む狙い。

 また販売員の確保のため、同日からピオレ1、2の営業終了時間を1時間早め午後8時にする。(長尾亮太)

経済の最新
もっと見る

天気(7月23日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ