経済経済keizai

  • 印刷
インバウンド増加のための城崎温泉での取り組みなどが報告された地方インバウンドサミット=東京都港区
拡大
インバウンド増加のための城崎温泉での取り組みなどが報告された地方インバウンドサミット=東京都港区

 訪日外国人観光客(インバウンド)の消費拡大を図る地域の中小企業などが活動を報告する「地方インバウンドサミット」が27日、東京都内であった。兵庫県内からは、篠山市の古民家・歴史的建築物を活用した文化体験の事業と、豊岡市の城崎温泉街の魅力を発信する事業について発表された。(藤森恵一郎)

 報告したのは、経済産業省の補助事業「トラベル・マイン・ジャパン」に昨年採択された全国各地9件の事業者。地域の観光資源を掘り起こし、発信する取り組みを進める。

 篠山市内を中心に、古民家再生などに取り組む一般社団法人ノオト(篠山市)の採択事業について、支援する旅行事業会社TOKI(トキ)=東京=が報告した。著名な陶芸家やそば職人と組んでアートや食の体験プランを企画していることや、富裕層に特化した海外の旅行代理店を招いたことなどを紹介。課題に「都市部に比べ、通訳の人材が集まりにくいこと」を挙げた。

 一般社団法人豊岡観光イノベーション(豊岡市)の事業に関しては、ベンチャー企業支援のデータストラテジー(東京)が報告。豊岡市が動画広告配信会社と契約し旅行ガイドサイトなどで動画を配信、英・仏語版の宿泊予約サイトへの誘導を増やしたことなどを説明した。

 トークセッションでは、豊岡市職員が「城崎温泉の認知度を上げるためには、城崎で満足し、よい口コミを書いてもらうことがすごく大事」などと話した。

経済の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

  • 7℃
  • -1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

  • 10℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ