経済経済keizai

  • 印刷
元町商店街や神戸ハーバーランドに370枚が掲げられたPRバナー=神戸市中央区元町通3
拡大
元町商店街や神戸ハーバーランドに370枚が掲げられたPRバナー=神戸市中央区元町通3
神戸タータンを用いて、幅広い業者が生み出した商品=神戸市中央区元町通6
拡大
神戸タータンを用いて、幅広い業者が生み出した商品=神戸市中央区元町通6

 神戸港開港150年目に合わせ、街のイメージカラーで描いた格子柄「神戸タータン」を、商品デザインに用いる企業の動きが広がりをみせている。長田の靴メーカーや、元町の老舗菓子店なども参入し、特設の売り場を設ける動きも出始めている。(小林良多)

 「神戸タータン」は神戸市内の商店主らが連携し、街に統一感を与えるアイデアとして生まれた。海を表す青、洋館や真珠の白、ポートタワーの赤、六甲山の緑、ビル群の灰色の5色を使い、スコットランド伝統の格子柄をデザインした。

 昨年10月、企業や百貨店、大学などで神戸タータン協議会を設置。加盟する神戸ファッション協会が意匠の商標登録を申請した。協議会に入会すると商品にデザインを使用できる。

 これまで12社がハンカチ、靴、マグカップ、ポーチ、携帯ケース、缶マッチ、瓦せんべい、サブレなど13点を発売。神戸ロフトでは、3月3日から始まる神戸ファッションウイークに合わせ、一部商品を集めた専用売り場を設ける。

 協議会の片山喜市郎副会長(34)は「どんな商品にも合わせやすく、幅広い商売人が関心を持ってくれた。地域を超え、活用する動きが市内で盛り上がってほしい」と話している。

経済の最新
もっと見る

天気(2月22日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ