経済経済keizai

  • 印刷
「イオンスタイル ウミエ」が入る「ウミエ」の外観=神戸市中央区東川崎町1(撮影・綱嶋菜名)
拡大
「イオンスタイル ウミエ」が入る「ウミエ」の外観=神戸市中央区東川崎町1(撮影・綱嶋菜名)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 イオンリテール(千葉市)などは6日、神戸ハーバーランドの商業施設umie(ウミエ)で昨夏に閉店した「イズミヤ」の後継店となる大型スーパーを、7月14日にオープンさせると発表した。食をテーマにした「イオンスタイル ウミエ」で、魚介や肉を使った総菜の品ぞろえを強化し、目の前で調理が見られるステーキ、パスタ店などを展開する。(井上太郎)

 改装する北棟「ノースモール」の地下1階と1階の一部に出店し、売り場面積は計約6500平方メートル。

 地下1階に生鮮品や加工食品を扱うスーパーを配置。総菜は魚介や肉を使った揚げ物、丼などをそろえるほか、約300席のイートインスペースではステーキ店など約5店が調理したての料理を提供する。

 1階にはカフェと約80席の同スペースを用意し、神戸の和洋菓子を中心に、多彩なスイーツを食べ歩けるような区画にするという。ほかに、雑貨店の「無印良品」も新たに入居する。

 改装に合わせ、地下では北棟と南棟を区切る壁を取り払い、回遊性を高める。ウミエの担当者は「買い物中の小休止や日常利用の利便性が高まれば」と話している。

 ウミエは、施設所有者の三菱倉庫から運営を請け負うイオングループのイオンモール(同市)が2013年に開業。昨年7月にイズミヤが撤退した後、スーパーが空白となっていた。

経済の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ