経済経済keizai

  • 印刷
シンガポールのチャンギ国際空港で稼働する新明和工業の旅客搭乗橋(同社提供)
シンガポールのチャンギ国際空港で稼働する新明和工業の旅客搭乗橋(同社提供)

 新明和工業(兵庫県宝塚市)が、空港のターミナルビルと航空機を結ぶ移動式旅客搭乗橋で、東南アジア市場でのシェアを伸ばしている。このほど、アジア有数のハブ空港で知られるチャンギ国際空港(シンガポール)の搭乗橋218基がすべて新明和製に。タイやベトナムでも受注が好調に推移し、この5年間でシェアは約5ポイント上昇した。今後も空港の新設や拡張が見込まれ、同社は「受注を確実に取り込みたい」と意欲を見せる。(横田良平)

経済の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ