経済経済keizai

  • 印刷
神戸製鋼所が新たに設けたオープンイノベーション拠点=神戸市西区高塚台1、同社神戸総合技術研究所(同社提供)
神戸製鋼所が新たに設けたオープンイノベーション拠点=神戸市西区高塚台1、同社神戸総合技術研究所(同社提供)

 神戸製鋼所(神戸市中央区)は、神戸総合技術研究所(同市西区)に、社内外の技術や知見を持ち寄って新技術の開発につなげる「オープンイノベーション」の拠点を開設した。同社は環境規制が強まる自動車分野で、車体を軽くするための技術開発に注力している。新拠点で自動車部品メーカーなどと共同研究を進める。

 新拠点は、1号館の1、2階の一部(延べ床面積約1800平方メートル)を改装した。1階は技術の展示スペースを設け、分解した実物の自動車や航空機に使われるチタン製品などを展示。研究者同士が議論できる個室は、明るい色の壁や家具を採用した。2階はバーカウンターや専門書の書架などを設け、研究者らの自由な発想が生まれやすい環境にした。

経済の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ