経済経済keizai

  • 印刷
製造中の船舶エンジン。環境対応の次世代型を2019年に投入する=明石市二見町南二見、ジャパンエンジンコーポレーション本社工場
拡大
製造中の船舶エンジン。環境対応の次世代型を2019年に投入する=明石市二見町南二見、ジャパンエンジンコーポレーション本社工場
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 船舶用エンジンを製造するジャパンエンジンコーポレーション(J・ENG、兵庫県明石市)は21日、硫黄酸化物(SOx)の排出規制強化に対応した次世代エンジンを、2019年3月に市場投入することを明らかにした。SOxの排出を抑え、燃費を約1割改善させる。造船専業中堅の尾道造船(神戸市中央区)と開発を進め、総トン数5万トン級の中型ばら積み船やタンカーへの搭載を目指す。

 燃料は低硫黄のマリン・ガス・オイル(MGO)のみを使う。MGOは現行の低質重油に比べて高価だが、過給器の配置などを見直して燃費を改善し、運航コスト全体を引き下げる。

 尾道造船が船のデザインや燃料の供給ラインなど全体の設計を担い、J・ENGがエンジンを設計、製造する。今年秋にも製造を始め、耐久試験を経て19年3月までの納入を目指す。同年9月には、より小型の総トン数2万~4万トン級船舶向けも投入する。

 20年以降の国際的SOx規制は、運航中を含めた全船舶が対象になる。一般海域では硫黄分が0・5%以下の燃料を使うか、船体に脱硫装置を取り付ける必要がある。ただ、同装置は大きく高価で採用は限定的とされ、低硫黄燃料は運航コストが上がるため、規制強化を機に新造船需要が高まるとみられている。

 新エンジンの価格は現行機種に比べて2~3割高くなるが、規制対応を進める海運各社などの関心は高いという。

 J・ENGは三菱重工業の船舶エンジン開発子会社を4月に統合し、外航船向け2ストロークエンジンの世界ブランド「三菱UE」のライセンス元となった。15年の世界シェアは4%で、ライセンス供与先は赤阪鉄工所(東京)のほか中国、韓国、ベトナムの計5社にとどまる。今回の新エンジンでシェア拡大を目指す。(高見雄樹)

経済の最新
もっと見る

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ