経済経済keizai

  • 印刷

 阪急電鉄は3日、神戸・三宮の神戸阪急ビル東館の新築工事に着手した、と発表した。JRや神戸市営地下鉄との乗り換え経路を確保するため、東側と西側で工期を分ける。2021年春の完成予定。

 同ビルはこれまで地下1階地上3階建てだったが、建て替え後には地下3階地上29階建てに高層化する。延べ床面積は5倍超の約2万9千平方メートル。3階までに商業施設、4~15階にオフィス、17~28階はホテルが入り、最上階は展望フロアとレストランになる予定。昨年8月から解体工事を進めていた。

経済の最新
もっと見る

天気(5月23日)

  • 26℃
  • 17℃
  • 20%

  • 31℃
  • 10℃
  • 20%

  • 28℃
  • 15℃
  • 10%

  • 31℃
  • 13℃
  • 20%

お知らせ