経済経済keizai

  • 印刷
間口40メートル、奥行き4メートルの新店舗のイメージ(神戸高速鉄道提供)
拡大
間口40メートル、奥行き4メートルの新店舗のイメージ(神戸高速鉄道提供)

 高速神戸駅(神戸市中央区)の地下街「メトロこうべ」に、間口が40メートルに及ぶコンビニ店「ファミリーマート」が29日に開業する。奥行きはわずか4メートルで、“超横長”の店舗がお目見えする。

 メトロこうべを運営する神戸高速鉄道(同)が22日発表した。

 新店舗は同駅の東改札口近くに立地。今年3月まで東西方向に婦人服店や保険代理店が入っていた5区画分を使って出店する。

 東側の3割ほどが開口部となっており、出入り口と飲食ができるイートインコーナー(8席)を設置。西側の残りスペースがガラス張りの売り場となる。同社の担当者は「全長1・4キロの細長い地下街を体現した店」とPRする。

 メトロこうべは来秋に開業50年を迎える。昨年にだまし絵や巨大壁画をちりばめたほか、今年4月にはインドアゴルフ練習場を開業するなどの活性化を図っている。(井上太郎)

経済の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 60%

  • 8℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ