経済経済keizai

  • 印刷

 三菱重工業(東京)は4日、空調機器子会社三菱重工サーマルシステムズ(同)が手掛ける大型冷凍機の製造拠点を、高砂製作所(兵庫県高砂市)から神戸造船所(神戸市兵庫区)に移したと発表した。拠点の名称はサーマル社神戸製作所で、社員約140人が神戸に移る。

 同造船所で商船を造っていた時代の遊休建屋3棟を、組立工場などに活用した。最新鋭の試運転設備も導入して生産効率を上げた。投資額は非公表。

 大型冷凍機は、工場や商業施設などの空調設備に熱源を供給する装置。1964年から同造船所で製造し、70年に拠点を高砂に移していた。三菱重工の国内シェアは約6割に上る。

 同社は神戸を機械関連事業の主要拠点と位置づけ、機能の集約を進めている。神戸への移転は、経営資源を有効活用する狙いがある。(高見雄樹)

経済の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ