経済経済keizai

  • 印刷
兵庫県内の全18商工会議所が特産物をそろえたブース=東京ビッグサイト
拡大
兵庫県内の全18商工会議所が特産物をそろえたブース=東京ビッグサイト

 贈答品や生活雑貨を扱う国内最大級の見本市「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」が6日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。兵庫県内の全18商工会議所が初めて共同で出展。兵庫の多彩な特産品約140点の魅力を発信した。

 国内外の約2500社が出展し、専門店・百貨店などの小売業者や卸売業者らに商品をPRする。同時開催するグルメなどの展示会を含め、3日間で30万人の来場を見込む。

 兵庫からは播磨地域の7会議所と姫路市の共同出展だった昨年に比べ、商品数が約2倍に増えた。豊岡のリュックサックや播州織の日傘、西宮・名塩の和紙などを11のカテゴリーに分けて展示。各地の地酒、相生のカキなどは試食・試飲を勧めた。

 姫路商工会議所の小笠原鉄平さんは「兵庫で一丸となれば、多くの品がそろい、さまざまな需要に応えられるはず」と話していた。(藤森恵一郎)

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ