経済経済keizai

  • 印刷
阪神新在家駅などで開業する「ネスカフェスタンド」のイメージ(ネスレ日本提供)
拡大
阪神新在家駅などで開業する「ネスカフェスタンド」のイメージ(ネスレ日本提供)

 ネスレ日本(神戸市中央区)は、阪急電鉄の駅構内で展開してきた立ち飲み式コーヒー店「ネスカフェスタンド」を阪神電鉄の3駅で新たに開店する。12日から新在家駅(神戸市灘区)と香櫨園駅(西宮市)、10月11日からは大阪市の千鳥橋駅で、いずれも売店跡で営業を始める。

 座席のないカウンターの店舗にコーヒーマシン「ドルチェグスト」を備え、エスプレッソ、カフェオレなど6種類の飲み物を各100円で販売する。

 同社は2016年12月、阪急塚口駅(尼崎市)のホームに設けた1号店を皮切りに出店を重ね、現在は阪急駅で19店(兵庫県内は8店)を構える。手軽さが通勤・通学客に好評といい、阪神沿線でも展開することにした。

 新店の営業時間は午前7時~午後7時。初日の開店時間は新在家店が正午、香櫨園店が午後2時。(井上太郎)

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ