経済経済keizai

  • 印刷
造船事業の継続を目指し、新しい船の開発を進める川崎重工神戸工場=神戸市中央区
拡大
造船事業の継続を目指し、新しい船の開発を進める川崎重工神戸工場=神戸市中央区
液化水素運搬船のイメージ(技術研究組合Cフリー水素サプライチェーン推進機構提供)
拡大
液化水素運搬船のイメージ(技術研究組合Cフリー水素サプライチェーン推進機構提供)
川崎重工業が25年ぶりに建造を再開する高速船「ジェットフォイル」(東海汽船提供)
拡大
川崎重工業が25年ぶりに建造を再開する高速船「ジェットフォイル」(東海汽船提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 川崎重工業(神戸市中央区)が神戸工場(同)の造船事業継続のため、専門部署を立ち上げて新たな製品の開発、受注に力を入れている。潜水艦やガス運搬船の建造で培った技術を応用し「ニッチで技術力の高い船を開拓する」(同社船舶海洋カンパニー)方針だ。今秋には水中で自らの判断で活動する自律型無人潜水機(AUV)のテストを、英国で初めて実施。2020年の建造を目指す。

 川重は3月、20年度までに国内での商船建造を3割減らす方針を示した。主力の坂出工場(香川県)の縮小が柱で、人員約千人の神戸は防衛省が発注する潜水艦の建造が中心となる。ただ、神戸の年間建造量ベースで約2割は、潜水艦以外の船を造り続ける。

 従来、神戸で手掛けていたばら積み船などは、世界的な船余りで価格が低迷し、造っても利益が出ない。そこで、得意な技術を生かして新製品を開発するため昨年、新造船の受注を担当する営業本部に「新商品開発営業部」を設けた。

 新たな製品は、潜水艦技術と、液化天然ガス(LNG)などガス関連技術の応用を柱に開発を進める。中でも潜水艦は、1906(明治39)年に日本で初めて建造して以来の実績がある。非接触方式のバッテリー充電や光通信など水中での高度技術に強みを持つ。

 近年は海底の石油パイプラインなどの点検保守作業に、AUVを導入する機運が欧米の石油メジャーの間で高まっている。母船から潜水機を降ろす現行方式に比べ、格段にコストが下がるという。今秋には英スコットランドの試験海域で、AUVがパイプラインに沿って航行する技術など初期段階の試験を行う。

 潜水艦内で二酸化炭素(CO2)を回収する装置を、オフィスビルの空調効率を上げるシステムに応用する研究も進める。また船舶の硫黄酸化物(SOx)排出規制強化をにらみ、燃料となる天然ガスを供給するシステムを中小造船所向けに販売する構想もある。

 同社は「アイデアを実用化し、潜水艦以外の仕事も神戸で根付かせたい」としている。(高見雄樹)

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 27℃
  • 15℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ