経済経済keizai

  • 印刷
神明がお米の消費拡大拠点として開く「五穀豊穣米処 穂」=神戸市中央区元町通5
拡大
神明がお米の消費拡大拠点として開く「五穀豊穣米処 穂」=神戸市中央区元町通5

 米穀卸大手の神明(神戸市中央区)は13日、神戸市中央区元町通に、おにぎりショップ「五穀豊穣米処 穂」をオープンさせる。全国各地のこだわりの米を使い、米の消費拡大に向けた情報発信拠点として活用する。

 店舗では、岐阜産「いのちの壱」など厳選した3~4種類の炊きたての米を用意。「塩おにぎり」(170円)のほか、「焼きたて鮭」などの「定番」(210円)、「牛肉と舞茸の佃煮」などの「手作り総菜」(250円)、「本わさび昆布」などの「大人のおにぎり」(270円)の3種類も選べる。

 塩は、赤穂の天塩など4種類があり、ノリは兵庫県産を使う。みそ汁やサラダなどのサイドメニューも数種類置き、米も購入できる。

 12日のプレオープンで藤尾益雄社長は「お米本来のおいしさをぜひ味わってほしい。全国で頑張っているお米屋さんにモデルにしてもらえる店にしたい」と話していた。穂TEL078・371・2888

(辻本一好)

経済の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ