経済経済keizai

  • 印刷
「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」の設立を発表した(左から)りそなホールディングスの東和浩社長、同FG社長に就く菅哲哉取締役、近畿大阪銀行の中前公志社長、関西アーバン銀行の橋本和正頭取、みなと銀行の服部博明頭取=26日午後、大阪市中央区、りそなホールディングス大阪本社(撮影・吉田敦史)
拡大
「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」の設立を発表した(左から)りそなホールディングスの東和浩社長、同FG社長に就く菅哲哉取締役、近畿大阪銀行の中前公志社長、関西アーバン銀行の橋本和正頭取、みなと銀行の服部博明頭取=26日午後、大阪市中央区、りそなホールディングス大阪本社(撮影・吉田敦史)

 りそなホールディングス(HD)傘下の近畿大阪銀行(大阪市)と、三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下の関西アーバン銀行(大阪市)、みなと銀行(神戸市中央区)は26日、来年4月の経営統合で正式契約を結んだと発表した。統合に先立ち、11月に持ち株会社「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」を設立する。総資産で全国6位の地方銀行グループが誕生する。

 大阪府を主な営業基盤とする近畿大阪銀と関西アーバン銀は2019年4月をめどに合併し「関西みらい銀行」となる。兵庫県が基盤のみなと銀は独立を維持する。

 統合にあたり、みなと銀、関西アーバン銀の普通株1株につき、関西みらいFG株をそれぞれ2・37株、1・6株割り当てる。統合の一環で、りそなHDが両行に株式公開買い付けも実施する。

 関西みらいFGは379の有人店舗と166の現金自動預払機(ATM)拠点を持つことになり、記者会見したりそなHDの東和浩社長は「圧倒的な存在感のあるネットワークが構築される」と強調した。

 19年9月ごろに近畿大阪銀と関西アーバン銀のシステムを統合し、1年後にはみなと銀も加わる予定。りそなグループのシステムに統一することで、コスト削減やサービスの強化を進める。本業のもうけを示す実質業務純益を、統合から5年後に現在のほぼ倍に当たる700億円に伸ばす目標も示した。

 関西みらいFGは来年4月に東京証券取引所第1部に上場する。上場後もりそなHDが株式の約51%を保有し、連結子会社とする。三井住友FGも最大26%程度を保有し、引き続き経営に関わる。統合協議を主導したりそな銀行副社長の菅哲哉氏が社長に就く人事も正式発表した。

 菅氏は「関西になくてはならない銀行グループと言われるよう、汗をかいていきたい」と抱負を語った。

経済の最新
もっと見る

天気(7月17日)

  • 30℃
  • 24℃
  • 20%

  • 32℃
  • 21℃
  • 20%

  • 31℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 24℃
  • 20%

お知らせ