経済経済keizai

  • 印刷
記者会見で手を重ねる(右から)スシローグローバルHDの水留浩一社長、神明の藤尾益雄社長ら=29日、東京都千代田区
拡大
記者会見で手を重ねる(右から)スシローグローバルHDの水留浩一社長、神明の藤尾益雄社長ら=29日、東京都千代田区

 回転ずしチェーン最大手「あきんどスシロー」を展開するスシローグローバルホールディングス(HD)は29日、業界5位の元気寿司と経営統合に向けた協議を始めると発表した。規模拡大により国内の事業基盤を強化するとともに、高い成長が見込める海外市場への展開を加速する狙い。統合時期は今後協議を進める。

 東京都内で記者会見したスシローグローバルHDの水留浩一社長は「国内外で事業を大きく展開する。食材調達や採用で相乗効果が見込める」と強調。直近の年度のスシローと元気寿司の売上高を単純合計すると1826億円で、統合が実現すれば2位のくら寿司を運営するくらコーポレーションを大きく上回る。

 水留氏は「元気寿司が培ってきた海外でのノウハウもわれわれにとっての大きな助けになる」と述べた。統合を機に、競争が激化する外食市場で生き残りを図るため、アジア地域での店舗出店を進める考えを示した。

 元気寿司の親会社でコメ卸最大手の神明(神戸市中央区)が、スシローグローバルHDの株式の32・7%を約380億円で外資系ファンドから取得する。会見に同席した神明の藤尾益雄社長は、スシローグローバルHDの傘下にあきんどスシローと元気寿司を置く形での統合を検討すると表明した。

経済の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ