経済経済keizai

  • 印刷

 アパレル大手のワールド(神戸市中央区)は、ITコンサルタント会社のフューチャー(東京)と共同出資し、商品の生産から電子商取引(EC)、店舗運営などの事業ノウハウを他社に供給する新会社を設立した。

 社名は「ファステック・アンド・ソリューションズ」で、設立は2日付。資本金は3千万円で、ワールドが60%を、フューチャー側が40%をそれぞれ出資する。本社を東京都内のワールドの自社ビル内に置く。

 社長に同社グループ執行役員の中嶋築人氏(41)が就く。大手通販会社の執行役員などを経て、2011年からEC運営を受託するワールドの子会社社長を務めており、コンサルティング業務にも明るい。

 顧客はアパレルのほか、化粧品や飲食、スポーツジムなど幅広い業種を想定。ワールドは、日本政策投資銀行とファッション分野に特化した投資ファンドを6月に創設しており、投資の相談元からの受注も見込む。(井上太郎)

経済の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ