経済経済keizai

  • 印刷
井戸敏三知事に県政要望書を提出した兵庫県商工会議所連合会の家次恒会頭(中央)ら=県庁
拡大
井戸敏三知事に県政要望書を提出した兵庫県商工会議所連合会の家次恒会頭(中央)ら=県庁

 兵庫県商工会議所連合会の家次恒会頭(神戸商工会議所会頭)らは5日、2018年度の県政要望書を井戸敏三知事に提出した。人口減対策や中小企業への支援、インフラの整備などに取り組むよう求めた。

 要望書には、中小企業の経営安定化に向けた人材確保のほか、次世代産業の創出や地場産業の販路開拓などを明記。関西、大阪(伊丹)両空港と一体運用される神戸空港の規制緩和実現も盛り込んだ。家次会頭は「人手不足の深刻化や事業承継は大きな問題。地元の人が地元で働ける体制づくりに取り組んでもらいたい」と訴えた。

 井戸知事は「人口流出を食い止めるには地域の魅力を若者にアピールする必要がある。連合会とも連携し、地道に取り組みたい」と応じた。(塩津あかね)

経済の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ