経済経済keizai

  • 印刷
(注)単位百万円、カッコ内は前年同月比伸び率%、▲はマイナス。神戸地区には芦屋を含む。百万円未満切り捨て
拡大
(注)単位百万円、カッコ内は前年同月比伸び率%、▲はマイナス。神戸地区には芦屋を含む。百万円未満切り捨て

 カタログ通販大手のフェリシモ(神戸市中央区)が6日発表した2017年8月中間連結決算は、経常利益と純利益が中間期として2年ぶりに黒字化した。前期に物流施設を減損処理し、減価償却費が圧縮された。一方、売上高は、主力のカタログ通販が伸びず、6年連続で減少した。

 17年2月期決算で神戸市須磨区の物流センターを評価替えし、68億円超の減損損失を計上。物流センターの建物やソフトウエアの減価償却費の圧縮につながった。広告費も削減し、利益を積み上げた。

 売上高の減少は、色違いの同型商品を毎月届ける「定期便事業」の不振が要因。継続購入率が低い衣料品を昨夏までに単品購入型に切り替えたため、延べ顧客数が減少したという。

 今後は、文具や日用品などの新商品を充実させて定期便事業をてこ入れする。ふるさと納税返礼品のカタログ制作など自治体向けの新規事業も拡大していく。(井上太郎)

経済の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ