経済経済keizai

  • 印刷

 神戸製鋼所が8日にアルミ製品のデータ改ざんを発表したことで、主要顧客の一角である自動車メーカーに動揺が広がっている。トヨタ自動車はいち早く自社の車に使われていることを公表し、調査を急ぐ考えを示した。具体的な取引先の説明に尻込みした神戸製鋼とは対照的だ。

 自動車各社は燃費改善のため、車体の軽量化でしのぎを削っている。軽いアルミは格好の素材で、例えばトヨタはボンネットと荷室のドアに使用している。神戸製鋼は需要に対応するため、真岡製造所(栃木県真岡市)でアルミ板処理設備を強化するなどしてきたが、実際は約10年にわたって顧客を欺いていた。トヨタは「重大な問題だ」とのコメントを発表した。

経済の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ