経済経済keizai

  • 印刷
アルミ・銅製品の性能データ改ざんについて謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(左)ら=8日午後、東京都港区高輪4(撮影・大久保斉)
拡大
アルミ・銅製品の性能データ改ざんについて謝罪する神戸製鋼所の梅原尚人副社長(左)ら=8日午後、東京都港区高輪4(撮影・大久保斉)

 神戸製鋼所(神戸市中央区)は8日、アルミ製品の一部で強度などの性能データを改ざんして納入していたと発表した。三菱重工業によると、開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)にも使われている。不正は組織的に、約10年前から行われていた。

 強度不足の恐れもあるが、三菱重工は安全性に問題はなく、MRJの開発に影響しないとの見方を示した。神戸製鋼は調査委員会を設置し、不正の全容を調べる。

 神戸製鋼は昨年にもグループ会社、神鋼鋼線ステンレス(大阪府泉佐野市)によるステンレス製品のデータ改ざんが発覚しており、信用力の低下は必至だ。川崎博也会長兼社長ら経営陣の責任の明確化は避けられない。

 アルミ製品のほか銅製品も含まれており、供給先は約200社に及ぶとする一方、具体的な社名を明らかにしていない。神戸製鋼は自動車メーカーなど運輸関連を中心にアルミ製品を提供しており、トヨタ自動車は一部車種のボンネットなどに使っていたと明らかにした。他の車メーカーを含めリコール(無料の回収・修理)に発展する恐れもある。JR東海は新幹線の車両の台車部品に使っていることを明らかにした上で、「十分な強度は確認できた」とした。

 神戸製鋼は今年8月末に改ざんを把握したにもかかわらず、公表せず、経済産業省から会見を開くよう指示されたと説明した。

 改ざんがあったのは、真岡製造所(栃木県真岡市)、大安工場(三重県いなべ市)、長府製造所(山口県下関市)、神奈川県秦野市の子会社の工場。現時点で不正が確認できたのはアルミ製品約2万トンなどで、昨年9月から今年8月末までに製造されたアルミと銅の総出荷量の約4%に当たる。

 神戸製鋼の梅原尚人副社長は東京都内で記者会見し「深く反省し、おわび申し上げます」と謝罪した。

 神戸製鋼によると、顧客との間で取り決めた仕様に強度が不足しているなど適合しない製品について、検査証明書のデータを書き換えていた。梅原氏は、現場に納入の目標達成に対するプレッシャーがあったと説明した。上層部からの不正の強要は否定した。

 昨年6月の不祥事を受けた法令違反調査では見つからず、その後、契約上の仕様に基づく調査を行い発覚した。

経済の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ