経済経済keizai

  • 印刷
神戸市を表敬訪問したインスタグラム最高製品責任者のケビン・ウェイル氏(右)=神戸市役所
拡大
神戸市を表敬訪問したインスタグラム最高製品責任者のケビン・ウェイル氏(右)=神戸市役所

 写真共有アプリの提供やサービスを手掛ける米国インスタグラム社の最高製品責任者ケビン・ウェイル氏(34)がこのほど、神戸市を表敬訪問した。

 ウェイル氏は、市場調査のために来日し、全国各地を訪問している。神戸市が情報発信にインスタを利用していることから、同市役所を訪れたという。

 同社は2012年設立で、米フェイスブックの子会社。写真と動画に特化したサービスを提供し、全世界で8億人が利用している。

 ウェイル氏は、自社のサービスについて「ビジュアル(視覚)の力で、言語や国境を越えて経験を共有できる」と紹介。「さらに神戸らしい情報を発信し、地域と良好な関係を築いてください」と話した。(長尾亮太)

経済の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ