経済経済keizai

  • 印刷
神戸製鋼・川崎博也社長
拡大
神戸製鋼・川崎博也社長

 神戸製鋼所(神戸市中央区)がアルミ製品の性能データを改ざんしていた問題で、川崎博也会長兼社長は12日午前、経済産業省で多田明弘製造産業局長と面会した後、報道関係者の取材に応じ「(神戸製鋼の)信用力はゼロに落ちた。私をトップとして早い段階での信頼回復に努めたい」と述べた。調査をグループ全体で進めており「新たな不正事案が発生する可能性がある」と話した。

 多田局長から、2週間以内に安全性の確認結果を公表し、1カ月以内に原因究明と再発防止対策を立案するように指示を受けたことを明らかにした。自身の経営責任について「(データ不正問題の)原因の検証が終わってから考えたい。まずはそれに万全を期したい」と述べるにとどめた。

 データ改ざんの製品が使われた自動車などのリコール(無料の回収・修理)の可能性について「現時点であるとは聞いてない」と述べた。「(納入先からの)損害賠償はあり得るが、具体的な金額の提示は受けていない」とした。

経済の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 100%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ