経済経済keizai

  • 印刷

 神戸市が発表した神戸空港の9月の搭乗者数は、前年同月比17・4%増の27万4125人、搭乗率は同3ポイント増の85・8%で、いずれも9月として過去最高となった。8月には搭乗率が開港以来最高を記録するなど、好調な利用状況が続いている。

 7月に就航したスカイマークの仙台便(1日2往復)が搭乗率88%と好調だったほか、同社が那覇、長崎便を各1便増やしたことも寄与した。

 航空会社別では、航空便の7割を占めるスカイマークが22・1%増の20万1315人(搭乗率87・8%)と全体をけん引。定時運航に力を入れ、ビジネス客と観光客を取り込んだ。全日本空輸は0・8%増の3万2140人(同74・1%)▽ソラシドエアが10・4%増の2万7006人(88・2%)▽AIRDOが11・8%増の1万3664人(83・2%)。

 路線別では、羽田が0・5%増の9万2457人▽那覇が32・8%増の5万4007人▽新千歳が2・7%増の4万9343人▽長崎が38・1%増の2万6037人▽仙台が1万8371人▽茨城が0・8%減の1万6930人▽鹿児島は1%増の1万6980人-だった。(長尾亮太)

経済の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ