ひょうご経済プラスTOP 経済 神鋼神戸製鉄所の高炉停止 59年の歴史に幕

経済

神鋼神戸製鉄所の高炉停止 59年の歴史に幕

2017.10.31
  • 印刷
神戸製鋼所神戸製鉄所=神戸市東灘区御影浜町から灘区灘浜東町方面を望む(撮影・中西大二)

神戸製鋼所神戸製鉄所=神戸市東灘区御影浜町から灘区灘浜東町方面を望む(撮影・中西大二)

 神戸製鋼所は31日、神戸製鉄所(神戸市灘区)3号高炉の運転を止めた。1959年1月に稼働した1号高炉以来、58年10カ月にわたって鉄を生み出し続けた巨大な装置が、その役割を終えた。12月に解体を始め、跡地には石炭火力発電所(2基、合計出力130万キロワット)を建設する計画だ。

 31日午前5時5分、高炉に高温の風を送る熱風炉を止めた。これにより高炉から出た銑鉄から鋼鉄の塊を作るまでの「上工程」と呼ばれる設備が全て停止。今後は加古川製鉄所(加古川市)にある2基の高炉で作った鋼鉄の塊を神戸製鉄所に運び、ばねやボルトなど自動車向け部品のもとになる鋼材に加工する。

 高炉を止めた背景には国内の長期的な需要減少と、中国の鉄鋼メーカーの過剰生産がある。神戸製鋼は加古川への集約で、鉄鉱石や石炭など原料の輸送費や設備を稼働させる費用など年間150億円のコスト削減を見込んでいる。(高見雄樹)