ひょうご経済プラスTOP 経済 “相づち効果”で聞き上手に 五つのキーワード紹介 大経大教授

経済

“相づち効果”で聞き上手に 五つのキーワード紹介 大経大教授

2017.11.23
  • 印刷
コミュニケーションの取り方について話す齋藤勇さん=神戸市中央区波止場町5

コミュニケーションの取り方について話す齋藤勇さん=神戸市中央区波止場町5

 兵庫県内の経営者らを対象にした「神戸新聞マーケティングフォーラム」の11月例会が22日、神戸市中央区であり、大阪経済大の齊藤勇客員教授(社会心理学)が講演した。「相手がノリノリで話し出すスゴい一言」をテーマに、聞き上手になるポイントを話した。

 齊藤氏は「相手に気持ちよく話してもらうには、相づちが効果を発揮する」と指摘。人は認められたり褒められたりすると、幸せを感じるとされる「オキシトシン」というホルモンが分泌されるため、相手を評価する姿勢が重要とした。

 具体的には、さすが▽知らなかった▽すごい▽センスいい▽そうですね-の五つのキーワードを紹介。「相づちをうまく使うことで、相手から求められ、好かれるようになる」と話した。(井垣和子)