ひょうご経済プラスTOP 経済 ノアインドアステージ テニス用品販売を本格化

経済

ノアインドアステージ テニス用品販売を本格化

2018.01.11
  • 印刷

 全国でテニス教室を展開するノアインドアステージ(兵庫県姫路市)は、県内でテニス用品店2店を展開するネキストインターナショナル(神戸市中央区)の販売事業を買収した。テニスに関わる事業を幅広く展開して相乗効果を狙う。

 ノア社の完全子会社が1日付で事業を買収。従業員4人の雇用も引き継いだ。買収額は非公表。

 ネキスト社のテニス用品店「テニスショップフィールド」は、神戸市中央区と明石市内に2店舗がある。年間売上高は1億5千万円。ガットの張り替えなど利用者に合わせたラケットの調整を得意とし、ラケットのほかシューズなど商品の品ぞろえも豊富という。

 ノア社は27教室を展開し、約3万人が通うインドアテニス教室の最大手。現在は各教室で用品を販売しているが、今後は販売店を増やし、5年後に同事業で売上高5億円を目指す。同社は「好みやプレースタイルに合わせた商品の提案をしていきたい」としている。(井垣和子)