ひょうご経済プラスTOP 経済 経産省選定の「地域未来牽引企業」 兵庫は63社

経済

経産省選定の「地域未来牽引企業」 兵庫は63社

2018.01.11
  • 印刷

 経済産業省は、地域経済の成長を先導する中核企業として、全国から「地域未来牽引企業」2148社を選んだ。昨年7月施行の地域未来投資促進法などを活用した積極的な事業展開を促し、地域経済への波及効果を図る。

 兵庫県内では、プラスチック成形のアスカカンパニー(加東市)、避雷器メーカーの音羽電機工業(尼崎市)、ホテルニューアワジ(洲本市)など63社が選ばれ、47都道府県で5番目に多かった。

 選定企業数が最も多いのは静岡と福岡の74社で、愛知70社、宮城64社と続いた。営業利益や雇用などの指標のほか、自治体や商工団体などの推薦を受け、外部有識者委員会の検討も踏まえた。

 地域未来法は、地域の強みを生かして経済成長を目指す自治体を支援するため、自治体が国の補助金や税制優遇の対象となる事業を承認できるのが特徴。都道府県や市町村の基本計画に沿って企業などが事業計画を定める。県内では、朝来市、たつの市など4市2町が基本計画を策定している。(藤森恵一郎)