ひょうご経済プラスTOP 経済 非正規66%「賃金差納得できぬ」 兵庫県内調査

経済

非正規66%「賃金差納得できぬ」 兵庫県内調査

2018.02.13
  • 印刷

 非正規雇用の3人のうち2人が「正規雇用との賃金差に納得できない」と考えていることが、兵庫勤労福祉センター(神戸市中央区)と連合兵庫(同)による2017年度の労働者意識調査で分かった。08年度調査より7ポイント増加した。「正規と同じ時間同じ仕事をしているのになぜ」という待遇への不満が浮き彫りとなっており、春闘でも大きなテーマになりそうだ。

 調査は、連合が昨年8~9月、県内の正規・非正規の従業員6870人に配布して実施。正規2549人、非正規1045人から回答を得た。08年にも同様の調査を行った。

 非正規雇用のうち、5年以上働く人が56%。08年度より約10ポイント増加し、長期化が顕著になっている。「正規と同じか、類似の業務を経験」は82%で、08年度比13ポイント増えた。

 正規と賃金差があることについて「納得できない」とする人が66%を占め、その理由として「仕事内容で正規と違いがない」が6割近くを占め、「正規と同程度かそれ以上の能力を持っている」も4割だった。

 国税庁の民間給与実態統計調査によると、企業における16年平均給与で、正規と非正規との差は315万円。4年連続で差が拡大している。連合兵庫は「この10年で職場での非正規の存在感が増している。企業に格差是正を求める動きも活発化している」とした。

 また、正規職員のうち、44%が「親の介護費用」、34%が「親の介護と仕事の両立」を心配していた。いずれも08年より増え、介護への不安が高まっている。

 これから本格化する春闘では、働き方改革や非正規の処遇改善なども焦点となっている。(末永陽子)