ひょうご経済プラスTOP 経済 若者を積極採用、育成 厚労省認定企業に兵庫2社

経済

若者を積極採用、育成 厚労省認定企業に兵庫2社

2018.02.26
  • 印刷
認定通知書を受け取るミヤナガの高田充治取締役(左)と大豊機工の岡本成樹取締役(右)=神戸ポートピアホテル

認定通知書を受け取るミヤナガの高田充治取締役(左)と大豊機工の岡本成樹取締役(右)=神戸ポートピアホテル

 若者の採用や育成に積極的な中小企業をたたえる厚生労働省の「ユースエール認定企業」に、工作機械製造の大豊機工(兵庫県豊岡市)と、工具製造・販売のミヤナガ(同県三木市)が認定され、26日、交付式が神戸市内のホテルで行われた。それぞれ但馬、北播磨地域で初の認定で、県内企業の認定は7件となった。

 同制度は、学生や若者に優良な中小企業の情報を発信しようと2015年に制定された。従業員300人以下で、離職率の低さや有給休暇の取得実績など18項目の基準を満たす企業が対象となる。

 大豊機工の岡本成樹取締役は「人材確保に苦労する中、公的な認定を受けると、学生にアピールできる」と笑顔を見せた。ミヤナガの高田充治取締役も「就職希望者に現地に見学に来てもらうきっかけの一つになれば」と話した。

 畑中啓良兵庫労働局長は「認定基準が厳しく、ものづくり企業は納期の問題もあって大変だが、継続的に認定を受けてほしい」と激励した。(塩津あかね)