ひょうご経済プラスTOP 経済 生命科学の事業発表 企業家10人がアピール 神戸

経済

生命科学の事業発表 企業家10人がアピール 神戸

2018.03.08
  • 印刷
投資家らに事業内容を発表する起業家=神戸市中央区小野浜町

投資家らに事業内容を発表する起業家=神戸市中央区小野浜町

 生命科学や健康分野で起業を計画している人や、起業直後の人たちによる事業発表(ピッチ)大会がこのほど、神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO=きいと)で開かれ、10人が投資家たちに事業の将来性をアピールした。

 神戸・ポートアイランド2期の医療産業都市を舞台とした起業を促すため、神戸市などが主催した。

 3月にポーアイ2期に拠点を設けたNUプロテイン(名古屋市)の南賢尚社長は、人工多能性幹細胞(iPS細胞)培養のコストを引き下げられるタンパク質の合成技術をPR。神戸に研究所を持つベンチャー企業ヘリオス(東京)の鍵本忠尚社長がピッチに先立ち講演し、「時代に必要とされる産業のピース(一部)になれるかが勝負」と訴えかけた。(長尾亮太)