ひょうご経済プラスTOP 経済 県内中小企業64社が会社説明会 社長が直接PR

経済

県内中小企業64社が会社説明会 社長が直接PR

2018.03.12
  • 印刷
会社説明を真剣に聞く学生ら=神戸市中央区浜辺通5

会社説明を真剣に聞く学生ら=神戸市中央区浜辺通5

 2019年春卒業見込みの大学生、短大生らを対象にした中小企業合同会社説明会「ひょうご就職サミット2019」が12日、神戸市中央区のサンボーホールで開かれた。兵庫県内の大学生ら259人が参加。中小企業の魅力を社長らが直接、学生に語りかけた。

 県中小企業家同友会(神戸市中央区)の主催。食品メーカーや建設会社など64社が、それぞれのブースで商品の強みなどをPRした。

 米穀販売のいづよね(同市東灘区)の川崎恭雄代表取締役は「コメの魅力を共に全国に伝えてくれる人に来てほしい」と話し、老舗製麺会社の淡路麺業(淡路市)の出雲文人社長は「生パスタを作っている当社に興味を持ってもらえたら」と期待を込めた。

 神戸親和女子大3年の女子学生(21)は「地元に愛着があるので県内企業に勤めたい」と、精力的にブースを回っていた。(綱嶋葉名)