ひょうご経済プラスTOP 経済 トーホー、初の2期連続減収 1月期連結決算

経済

トーホー、初の2期連続減収 1月期連結決算

2018.03.12
  • 印刷
(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

 業務用食品卸のトーホー(神戸市東灘区)が12日発表した2018年1月期連結決算は、食品スーパーの不採算店閉鎖が影響し、1947年の創業以来初の2年連続減収となった。ベースアップ(ベア)などによる人件費がかさみ、経常利益、純利益とも前期を下回った。

 競争激化を受け、兵庫県南部で展開する「トーホーストア」を5店閉じたことなどで、食品スーパー事業が約15億円の減収。建設関連子会社の大型工事が前期で完了した反動も響いた。人件費は前期比4億円の増加。4年連続のベアや賞与アップが収益を押し下げた。(三島大一郎)