ひょうご経済プラスTOP 経済 育児ママに託児プラン 神戸サウナと県立大が企画

経済

育児ママに託児プラン 神戸サウナと県立大が企画

2018.04.12
  • 印刷
ママ向け商品を企画したジェムの米田篤史社長(中央)と兵庫県立大の学生=神戸市中央区下山手通2、神戸レディススパ

ママ向け商品を企画したジェムの米田篤史社長(中央)と兵庫県立大の学生=神戸市中央区下山手通2、神戸レディススパ

 温浴施設「神戸サウナ&スパ」を運営するジェム(神戸市中央区)は、子育て中の母親向けに一時保育サービス付きの入浴プランをこのほど始めた。西岡正・兵庫県立大教授のゼミ生と共同企画した商品で、利用の少ない女性客層を開拓する。

 プラン名は「神戸サウナ&ママ」。利用者は午前11時~午後3時の間、近隣の個人保育施設に生後6カ月~6歳の子どもを預け、女性専用スパで入浴を楽しめる。料金は保育料(子ども1人当たり)を含め5750~7050円。個別に利用する場合より約2千円安いという。

 ジェムは昨年、大学生が県内の中小企業に課題解決策を提案する「Mラボ課題解決ラボ」に参加。この中で、同ゼミ生が温浴施設と会員制交流サイト(SNS)でアンケートを行い、男性に比べて女性の利用が圧倒的に少ないことに着目した。子連れの母親から「日頃は子どもから手が離せず、足を運べない」との声もあり、幼稚園に入園するまでの子どもを持つ女性向けの商品開発を進めていた。

 米田篤史社長(48)は「面白い商品をつくってくれた。ママ向け企画を継続していきたい」と話した。

 神戸レディススパTEL078・322・1726

(綱嶋葉名)