ひょうご経済プラスTOP 経済 豪で水素製造、供給網構築へ 川崎重工業

経済

豪で水素製造、供給網構築へ 川崎重工業

2018.04.13
  • 印刷

 川崎重工業(神戸市中央区)は12日、次世代エネルギーとして注目される水素の供給網構築に向け、オーストラリア政府の支援が決まったと発表した。現地で水素をつくり、神戸に運ぶ実証実験を進めており、2020年ごろに水素の精製と輸送試験を始める予定。

 岩谷産業、電源開発(Jパワー)、丸紅、現地のエネルギー企業の4社と共同事業体を組織。川重などは、同国で低品質の石炭「褐炭」をガス化し、ガスからつくった水素を液化、運搬船で神戸空港島まで運ぶための実証実験を進めている。日本政府の支援を受け一部が動き出しており、補助総額は日豪で計約5億豪ドル(約410億円)という。

 現地企業が褐炭を供給。19年からガス精製設備や液化水素を荷積みする基地の建設を始める。商用化に向けた具体検討にも入る。(横田良平)