ひょうご経済プラスTOP 経済 JA兵庫六甲が御影支店開設 カフェなども

経済

JA兵庫六甲が御影支店開設 カフェなども

2018.04.14
  • 印刷
13日に開店したJA兵庫六甲の御影支店=神戸市東灘区御影郡家1

13日に開店したJA兵庫六甲の御影支店=神戸市東灘区御影郡家1

 JA兵庫六甲(神戸市北区)は13日、神戸市東灘区に御影支店を開設した。今年3月にオープンした直売所「ファーマーズマーケット マチマルシェ御影」、総菜販売・カフェ「御影キッチン」に併設。神戸・阪神地域産の農畜産物の地産地消、新規顧客の開拓につなげる。支店開設は、2000年に9農協が合併、発足して以来初めて。

 新支店は2階建て(延べ床面積約497平方メートル)で、貯金や保険、農業の相談に応じる。1階には、マチマルシェも入り、生産者が出荷した野菜や果物、コメ、牛肉などを販売。同JA直売所で初めて全量買い取り制で運営する。

 キッチンは、隣接する2階建ての施設(同約293平方メートル)で営業。旬の地元産野菜や肉を使った料理、スイーツのほか、スムージーなどの飲料、持ち帰り用総菜を扱う。可動式のキッチンスタジオも備え、料理教室や講演会なども開く。

 吉田康弘組合長は「近郊のおいしい産物を知ってもらい、農業への理解を深めてもらう拠点にしたい」と話した。営業時間はマルシェが午前10時~午後6時、キッチンが午前10時~午後7時。いずれも年末年始を除き無休。(山路 進)