ひょうご経済プラスTOP 経済 米穀卸の神明、むらせ 東西の大手2社が業務提携

経済

米穀卸の神明、むらせ 東西の大手2社が業務提携

2018.05.15
  • 印刷
業務提携を結び握手する神明の藤尾益雄社長(右)とむらせの村瀬慶太郎社長=東京都中央区

業務提携を結び握手する神明の藤尾益雄社長(右)とむらせの村瀬慶太郎社長=東京都中央区

 米穀卸大手の神明(神戸市中央区)とむらせ(神奈川県)は15日、業務提携の締結を発表した。物流や精米工場の利用などを共同化し、コスト削減を図る。東京都内で会見した神明の藤尾益雄社長は「米の消費拡大に向け、両社で新しいことにチャレンジする。業界の活性化につなげたい」と述べた。

 米穀卸業界は、主食用米の作付け減少、消費者の生活スタイルの変化による米の消費量減少、米価上昇などで、経営環境の厳しさが増している。

 むらせの村瀬慶太郎社長は「消費を増やさない限り、業界に先はないのではないかという危機感を互いに持っている」と強調。提携による業務の効率化でコストを削減し、その分を新市場開拓の投資などに充てる意向を示した。

 6月にも両社で具体的な協議を始め、提携内容を詰める。物流などから検討する方針。藤尾社長は「同じ取引先のセンターにばらばらに便を走らせているなど、業界には無駄が非常に多い」と指摘。「ドライバーの賃金上昇に伴い運賃も上がっている。まずは積載効率を上げたい」とした。

 他にも、原料米の共同調達や、弁当や総菜など「中食」を製造する工場の共同利用など、幅広い分野で提携を目指すという。(藤森恵一郎)