ひょうご経済プラスTOP 経済 「播州百日どり」のカップ麺発売へ サンヨー食品

経済

「播州百日どり」のカップ麺発売へ サンヨー食品

2018.05.23
  • 印刷
28日発売の播州百日どりのつみれが入ったカップスター=神戸市中央区海岸通1

28日発売の播州百日どりのつみれが入ったカップスター=神戸市中央区海岸通1

 サンヨー食品(東京)は28日、兵庫県多可町特産の鶏肉「播州百日どり」のつみれ入りカップ麺「サッポロ一番×全農 カップスター」を発売する。スープは鶏や野菜、魚介をベースに、北播磨のラーメン店に多いやや甘めのしょうゆ味に仕上げた。

 同社と全国農業協同組合連合会(JA全農)が、2年前から展開する全国の農畜産物を使った企画商品の第10弾。

 播州百日どりは昨年、全国の地鶏・銘柄鶏好感度コンテストで2位の優秀賞を受けた。通常より長い約100日間育てられ、適度な歯ごたえと独特のうま味が特長。1978年に加美町農協(現JAみのり)が開発した。現在は6戸の養鶏農家が、関西を中心に年間約16万羽を出荷している。

 JAみのりの担当者は「播州百日どりの濃厚な味を全国に広げ、販路拡大につなげたい」と話した。希望小売価格は194円。サンヨー食品「お客様相談室」TEL027・265・6633

(山路 進)