ひょうご経済プラスTOP 経済 レーザー加工装置を受託生産 フジプレアム

経済

レーザー加工装置を受託生産 フジプレアム

2018.06.21
  • 印刷

 フジプレアム(兵庫県姫路市)は11日、レーザー加工装置の受託生産に乗り出すと発表した。レーザー加工システムを開発・製造するサイバーレーザー(東京)と同日付で業務提携を締結。生産現場で使われる各種装置の品ぞろえを増やし、さらなる収益拡大を図る。

 サイバー社は、瞬間的に照射する高密度レーザーでダイヤモンド、チタンなどの硬い素材を精密加工する技術を得意とする。「フェムト秒レーザー」と呼ばれる同社の最先端技術と、フジプレアムが持つメカトロニクスのノウハウを融合。フジプレアムがレーザー加工機の製造を請け負うほか、両社でレーザー加工装置を用いた生産ラインの開発・製造などを手掛ける。

 フェムト秒レーザーの技術は、半導体・医療関連メーカーなどを中心に需要が伸びているという。今後、資本提携も視野に協業を拡大する方針だ。(綱嶋葉名)