ひょうご経済プラスTOP 経済 トーホーが東京の食品卸・昭和物産買収

経済

トーホーが東京の食品卸・昭和物産買収

2018.07.11
  • 印刷

 業務用食品卸のトーホー(神戸市東灘区)は10日、同業の昭和物産(東京)を買収する、と発表した。同社は首都圏で製菓・製パン材料などを扱っており、同事業の強化とトーホーが扱う業務用食材や調理機器などの販路拡大につなげる。来月17日付で発行済みの全株式を取得し、完全子会社化する。取得額は非公表。

 昭和物産は1961年の設立で、従業員35人。乳製品や製菓・製パン材料を中心に扱い、首都圏で外食事業者向けの卸売り事業を手掛ける。2018年3月期の売上高は60億3100万円。(三島大一郎)