ひょうご経済プラスTOP 経済 シン・エナジー 家庭向け電気料金3.2%値下げ

経済

シン・エナジー 家庭向け電気料金3.2%値下げ

2018.07.12
  • 印刷

 新電力のシン・エナジー(神戸市中央区)は、兵庫県を含む関西の主に家庭向けの電気料金を8月分から引き下げると発表した。月間使用量が300キロワット時の場合、月219円(3・2%)の値下げとなる。

 メインの「きほんプラン」。同社の燃料費調整額などを含まない試算では、関西電力が7月から値下げした標準料金「従量電灯A」より436円(6・2%)安くなるという。