ひょうご経済プラスTOP 経済 健康づくりにスポーツクライミング コープこうべが新設

経済

健康づくりにスポーツクライミング コープこうべが新設

2018.07.18
  • 印刷
エクササイズの要素を取り入れたクライミングウォール=神戸市東灘区田中町5

エクササイズの要素を取り入れたクライミングウォール=神戸市東灘区田中町5

 エクササイズの要素を取り入れたスポーツクライミング設備が、コープ健康スポーツクラブ(神戸市東灘区田中町)に完成した。初心者やシニアが無理なく楽しめるよう、手足を掛けるホールド(突起物)の位置や形状に配慮。健康づくりを目的としたクライミング施設は全国的にも珍しいという。

 スポーツクライミングは、2020年東京五輪の正式種目に採用され、人気が高まっている。気軽に楽しみながら利用者の健康をサポートしようと、生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)が整備した。

 クライミングの一種「ボルダリング」などを楽しめる高さ4メートルと6メートルの人工壁を設置。つかみやすい形のホールドを、初心者でも分かりやすく配置したのが特徴で、講師を務める山岳ガイドの笹倉孝昭さん(52)は「無理をしてけがをしないよう設計してある」と話す。

 笹倉さんによると、クライミングは全身の筋肉を使うため、血行促進や老化防止、バランス感覚を養う効果が期待できるという。

 利用した同市東灘区の男性(71)は「さまざまな難易度のコースがあって面白い。いい汗をかきました」と笑顔だった。

 利用料は安全講習を含む初回が2千円(1時間)、2回目以降は最大4時間まで1800円など。要予約。シューズや安全帯はレンタルできる(初回のみ無料)。8月7日からスクールを開講(有料)する予定。月曜定休。同クラブTEL078・441・2280

(三島大一郎)