ひょうご経済プラスTOP 経済 明石本社に産業ロボ展示場開設 宮脇機械プラント

経済

明石本社に産業ロボ展示場開設 宮脇機械プラント

2018.07.28
  • 印刷
新たな展示場で、工作機械にロボットが材料を取り付ける様子を見守る宮脇機械プラントの岡本淳社長=明石市北王子町

新たな展示場で、工作機械にロボットが材料を取り付ける様子を見守る宮脇機械プラントの岡本淳社長=明石市北王子町

 工作機械の専門商社の宮脇機械プラント(兵庫県明石市)は、工作機械とロボットの展示場「産業用ロボットラボ&ショールーム」を本社内に開設した。人手不足に苦しむ中小企業の業務効率化などを手助けするため、機械を動かす際に人が担っている単純作業に焦点を当て、ロボットに代替させる手法を提案していく。(長尾亮太)

 倉庫にしていた本社1階の約230平方メートルを改装し、機械とロボット計10台を配置した。工作機械などを用いる企業が自社に適したロボットの導入方法を学べるほか、取り扱っている材料などを実際に持ち込んで作動状況を確かめることもできる。