ひょうご経済プラスTOP 経済 ダイハツディーゼル 姫路臨海部に新工場完成

経済

ダイハツディーゼル 姫路臨海部に新工場完成

2018.07.30
  • 印刷
姫路市臨海部に完成したダイハツディーゼルの新工場=姫路市広畑区富士町

姫路市臨海部に完成したダイハツディーゼルの新工場=姫路市広畑区富士町

 船舶用ディーゼルエンジン製造大手のダイハツディーゼル(大阪市)は30日、兵庫県姫路市の臨海部にある新日鉄住金広畑製鉄所の敷地内で建設していた「姫路工場」が完成したと発表した。今後需要の伸びが見込まれる船舶用大型エンジンを生産。工場新設は約50年ぶりで、8月10日に稼働する。

 新工場は敷地面積約6万3千平方メートル。組立工場と、試運転や塗装を行う試運転工場とに分け、鉄骨造り平屋建て2棟を建設した。延べ床面積はそれぞれ約3100平方メートル、8400平方メートル。土地取得を含めて約90億円を投じた。

 新工場では、大型エンジンを輸送用の船まで運ぶことができる昇降機能付きの無軌道台車を国内で初めて導入。滋賀県守山市にある同社の2工場は内陸部にあるため、大型エンジンを解体して輸送し、港で再度組み立てる必要があった。

 生産能力は年間200~240台。1年目は同100台の生産を目指す。従業員は40人で、今後必要に応じて増員を検討する。社員らを対象にした「研修センター」も併設。エンジンの試運転や分解、組み立ての手法を学べる。

 同工場を委託運営する子会社ダイハツディーゼル姫路の中野等社長は「海運市場はエンジンの大型化や多様化が進んでおり、しっかり対応していきたい」と話した。(綱嶋葉名)