ひょうご経済プラスTOP 経済 あまがさき産業フェア ロボット関連など160社・団体出展

経済

あまがさき産業フェア ロボット関連など160社・団体出展

2018.08.02
  • 印刷
産業用ロボットなどが並んだ「あまがさき産業フェア」=尼崎市、ベイコム総合体育館

産業用ロボットなどが並んだ「あまがさき産業フェア」=尼崎市、ベイコム総合体育館

国内主要メーカーのロボットを常設し、技術者を育成する取り組みを発表する高丸工業の高丸正社長=尼崎市西長洲町1、ベイコム総合体育館

国内主要メーカーのロボットを常設し、技術者を育成する取り組みを発表する高丸工業の高丸正社長=尼崎市西長洲町1、ベイコム総合体育館

会場入り口で「あまがさき産業フェア」を紹介する女性型アンドロイド「未来まどか」=尼崎市西長洲町1、ベイコム総合体育館

会場入り口で「あまがさき産業フェア」を紹介する女性型アンドロイド「未来まどか」=尼崎市西長洲町1、ベイコム総合体育館

 兵庫県尼崎市内外の製造業者などが新製品・技術を紹介する展示会「あまがさき産業フェア」が2日、同市西長洲町1のベイコム総合体育館で始まった。ロボット関連や金属加工、建設・環境などの約160社・団体が出展している。3日まで。

 同市の経済団体などでつくる実行委員会が主催し35回目。阪神地域を盛り上げようと初めて共催に西宮市と西宮商工会議所が加わり、同市の22社も出展した。

 装置メーカーの共栄制御機器(尼崎市)は安全柵なしで人と作業できる協働型ロボットを展示し、プリント基板のねじ締めを実演。萩原哲夫取締役(60)は「ロボットのイメージを変えてほしい」と話していた。

 午前10時~午後4時。「全日本製造業コマ大戦」もある。入場無料。(大島光貴)