ひょうご経済プラスTOP 経済 高齢者向けシューズを病院と共同開発 アシックスジャパン

経済

高齢者向けシューズを病院と共同開発 アシックスジャパン

2018.08.14
  • 印刷
足専門の病院と共同開発した婦人靴(アシックスジャパン提供)

足専門の病院と共同開発した婦人靴(アシックスジャパン提供)

 アシックスジャパン(東京)は、外反母趾など足の疾患に特化した診療を行う下北沢病院(同)と高齢者向けの婦人靴を共同開発した。独自設計した中敷きで、体重がかかる親指の付け根の負担を和らげる。オンラインストアや専門店などで販売している。

 高齢者の歩行を支える機能を加えた「ライフウォーカー」シリーズの新商品。外反母趾の痛みに悩む高齢女性が多いことから企画した。親指の付け根が当たる部分にドーム状のくぼみを施し関節運動を助ける。足が内側に傾くのを防ぐためかかと部分に水滴形のくぼみを付けた。甲被は両側に伸縮性のある素材を使用し、履き心地を良くした。

 共同開発した下北沢病院は「足病総合センター」などを設置し、足の疾患の予防や治療に力を入れている。今回は、患者データの分析やサンプルの検証などで協力した。

 1足8800円(税別)。色は黒と茶色の2色、サイズは21・5~25・0センチ。同社お客様相談室フリーダイヤル0120・068806

(中務庸子)