ひょうご経済プラスTOP 経済 地元企業とクリエーターの協業を促進 神戸市産業振興財団

経済

地元企業とクリエーターの協業を促進 神戸市産業振興財団

2018.08.16
  • 印刷

 神戸市産業振興財団は、地元企業とクリエーターの協業を促す取り組みを始めた。商品や店舗のデザインの改善などを通じて、事業拡大につなげてもらう。

 新たな取り組みは、神戸市産業振興センター(同市中央区東川崎町1)内の「神戸起業操練所」が担う。

 具体的には、企業とクリエーターを結び付けて、各社の製品・サービスを高度化するほか、情報サービスやデザイン、広告などの分野で新事業創出などを支援する。クリエーターの受注増にもつなげ、新規顧客の開拓も手助けする。

 同所は2016年、起業や新事業の創造に関する相談拠点としてオープン。事業アイデアの改善や資金調達、市場開拓などに関する相談に応じてきた。

 同所の新たな取り組みを周知するイベントがこのほど同センターであった。靴メーカーの神戸レザークロス(同市長田区)や酒造会社の沢の鶴(同市灘区)の関係者らが、クリエイターとの協業を紹介した。

 神戸起業操練所TEL078・381・5921

(長尾亮太)