ひょうご経済プラスTOP 経済 投信購入手数料、店舗でもゼロ 9月から、金融商品仲介のFan

経済

投信購入手数料、店舗でもゼロ 9月から、金融商品仲介のFan

2018.08.24
  • 印刷

 金融商品仲介業(IFA)のFan(富山市)は、神戸支店(神戸市中央区)などの店舗で個人顧客に勧める投資信託の一部について、購入のたびにかかる手数料を9月1日から無料にする。対面ならではのきめ細かな相談サービスを維持するとともに、割安さをアピールする。

 無料化の対象は、楽天証券が販売する投信のうち、インターネットで購入すれば手数料が必要ない約1300銘柄(ノーロード型)。これまで1~2%の「IFA手数料」を設定し、楽天証券と分け合っていた。9月以降、顧客の負担は投信の保有期間中に支払う管理費「信託報酬」だけとなり、ネット購入と同等の料金になる。主契約先のSBI証券の投信は対象外。

 IFAは、中立の立場で金融商品の購入に助言する。Fanは2008年設立。神戸支店は17年9月に開設し、サッカーJリーグ1部ヴィッセル神戸の知名度などもあり、顧客の約半数が楽天証券の投信を購入しているという。手数料を引き下げ、取引口座数の倍増を図る。

 相談では、積立投資による長期の資産形成を推奨する。植草浩一支店長は「ネット証券は安さが魅力で急速に伸びているが、銘柄選びで困るとの声もある。若い世代を含め、スムーズに投資を始めてもらえるようにしたい」と話す。楽天証券は「ノーロード銘柄を充実させて顧客数と資産残高の増加を目指す営業方針に添う」としている。(内田尚典)