ひょうご経済プラスTOP 経済 トーホー、台風と地震の影響額最大2億円

経済

トーホー、台風と地震の影響額最大2億円

2018.09.11
  • 印刷
(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

(表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績)

 業務用食品卸のトーホー(神戸市東灘区)の古賀裕之社長は10日、台風21号と北海道地震により商品の販売機会を失ったなどとして、その影響額が最大で計2億円規模に上るとの試算を明らかにした。

 このうち台風21号の影響額が約1億6900万円で、販売機会の損失が約1億5400万円を占めた。多くの客が利用を取りやめ、ホテルや飲食店からの発注を失った。関西空港内の飲食店が営業できないことも響いた。停電により廃棄せざるを得なくなった冷凍、冷蔵食品も約1500万円分に上るとみる。一方、北海道地震の影響額は3300万円。

 同日発表した2018年7月中間連結決算は、調理機器会社の子会社化により売上高を伸ばした一方、物流費などがかさみ経常減益に。閉店した店舗の土地や建物を売却して純利益は増えた。(長尾亮太)