ひょうご経済プラスTOP 経済 デンソーテン 臨場感ある音響システム開発

経済

デンソーテン 臨場感ある音響システム開発

2018.09.11
  • 印刷
ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

ダッシュボードに配置されたダブルツィーター=兵庫県神戸市中央区港島中町6

 自動車用電子機器メーカーのデンソーテン(神戸市兵庫区)は11日、運転席と助手席に音が届くタイミングを一致させる音響システムを、トヨタ自動車と共同開発したと発表した。車内でより臨場感のある音を楽しめるという。

 両側のドアなどに付いた従来型のスピーカーでは、自分の座席に近い側の音が先に届き、遠い側が遅れて届く。特に高音はずれを感じやすいといい、デンソーテンは、高音用のスピーカーを取り付けることでずれを解消した。

 運転席と助手席の前方に、いずれも両座席に向けた2種類の小型スピーカーセット「ダブルツィーター」を設置。対角線の席に比べ、距離が近い正面の席に向けて少し遅めに音を出すことで、両座席に同時に音を届けられる。高音質の「ハイレゾ音源」の再生にも対応している。

 低音は、ずれを感じにくいといい、フロントドア用のスピーカーを用意した。

 今月3日に発売。20車種で購入時にオプションとして装着できる。メーカー希望小売価格は9万9360円(取り付けなどの諸経費を除く)。(大島光貴)